CSR活動
ホーム > CSR活動 > 消費者課題

消費者課題印刷用ページ

品質保証に関する方針

ゼオンの基本理念およびCSR基本方針にしたがって、品質保証基本方針を次のように定めています。

品質保証基本方針
  1. 当社は、信頼性・安全性に優れた品質を有する製品、商品およびサービスを市場に提供し、社会に貢献する。
  2. ユーザーの要求を十分に把握し、かつ先取りし、ユーザーが満足して使える製品、商品およびサービスを供給する。
  3. 品質保証の各ステップにおいて、信頼性・安全性に優れた品質を有する製品、商品およびサービスの評価を確実に行うことができる社内体制を確立する。
  4. 製品、商品およびサービスの、信頼性・安全性に関する目標品質を作り込むことができる技術を確立する。

品質保証体制

常にお客様の視点に立った製品をつくり、その品質を確実に保証するため、工場・事業部・研究所(総合開発センター)との連携を密にし、「製・販・技」一体となって、適正な全社的品質保証活動を進めています。

品質保証体制のイメージ

目標と実績

中長期計画SZ-20における品質保証の2020年のありたい姿を「世界一の品質とコストの両立」とし、2014年度から2016年度の3ヵ年では、「何が変わっても(ゼオンが変わり、世の中が変わっても)品質保証できる仕組みづくりを目指す」という品質保証方針を定め、これを実現すべく品質保証活動を推進しました。
2017年度からの4ヵ年では、これをゼオングループ全体に展開するため、「何が変わっても(ゼオンが変わり、世の中が変わっても)ゼオングループで品質保証できる仕組みづくりを目指す」という品質保証方針に改訂し、ゼオングループ全体での品質保証活動を推進しています。

2020年のありたい姿
=「社会の期待に応えている」状態を目指す
現在実施している具体的活動
(△:継続、■:完了)
今後実施すべき検討事項
【消費者の安全衛生の保護】
世界一の品質とコスト競争力を両立している。
△ISO9001に基づく品質マネジメントシステム
△品質保証リスク(PL訴訟、供給責任、リコール、風評による信用力失墜)マネジメント
△工程能力の向上(ロス削減、バラツキ低減)
△生産革新活動の推進
1.ゼオン製品が選ばれる状態を維持拡大するために
クレーム・工程異常・良品外の確実な削減と不良品を外部に流出させない体制を構築し、顧客に信頼される企業品質体質を構築し、さらなるCS(顧客満足度)の向上を図る
化学物質規制への取り組みを推進する
海外関連会社や外注委託先へゼオンの品質管理体制を展開する
2.顧客満足度測定を行い、現状値を把握するとともに目標を掲げ改善を進める
【持続可能な消費】
・社会に役立つ製品が継続して開発・上市されている。
△事業計画に基づいた事業活動の推進 1.消費者に関する社会課題に向き合った研究開発および製造販売

CSRレポート2018

CSRレポートでは2017年度の取り組みについて、より詳しい報告を行っています。

ホーム > CSR活動 > 消費者課題
Page top