ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2020年)> ゼオンメディカルが、医療機器分野のベンチャーファンドへ出資

ゼオンメディカルが、医療機器分野のベンチャーファンドへ出資印刷用ページ

2020年4月16日


PDF版はこちら(335KB)

ゼオンメディカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:柳田 昇)は、医療機器分野への投資に特化したベンチャーキャピタルであるMedVenture Partners株式会社が組成するファンド「MPI-2号投資事業有限責任組合」(以下、「本ファンド」)に5億円出資することを決定いたしました。

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)のグループ企業で医療器材事業を展開するゼオンメディカル株式会社は、循環器系、消化器系の各種デバイスを製造販売しています。

ゼオンメディカル株式会社は、本ファンドへの出資を通じて、国内外の先端医療技術の情報収集、ベンチャー企業との協業案件の発掘、更にはベンチャー企業への直接投資の検討の機会として活用し、事業ポートフォリオの拡充を図ってまいります。

ゼオングループは、これからも医療機器の提供を通じて、患者様のクオリティ・オブ・ライフの向上と、医療技術の発展に貢献してまいります。

ファンドの概要

名称 MPI-2号投資事業有限責任組合
設立 2019年11月
存続期間 10年
投資対象 国内外医療機器ベンチャー企業

メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
get ADOBE READER
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2020年)> ゼオンメディカルが、医療機器分野のベンチャーファンドへ出資
Page top