採用情報
ホーム> 採用情報> 多様な働き方を支える取り組み

多様な働き方を支える取り組み印刷用ページ

仕事と子育ての両立支援

出産した女性従業員は育児休業を100%取得しています。男性の育児休業取得者は、2011年度以前は4名、2014年度は2名、2015年度・2016年度はそれぞれ1名ずつ取得しています。

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

  • くるみん

「次世代育成支援対策推進法」に基づいて一般事業主行動計画を策定し、届け出を行っています。前期(2010年4月~2014年3月)は計画期間内に目標を達成し、厚生労働大臣認定の「子育てサポート企業」として「くるみん」マークを取得しました。新しい行動計画は次のとおりです。


日本ゼオン株式会社 一般事業主行動計画

社員一人ひとりの能力を最大に発揮できる環境づくりをより一層進めていくためには、仕事と子育てを両立させる風土・労働環境を形成することが大切と考え、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 2014年4月1日から2018年3月31日までの4年間
  2. 内容 

    目標1  
    両立支援の利用しやすい環境づくりを推進する。
    対策   
         
    支援制度のガイドブックに、必要に応じて制度改正の内容を反映する。
    管理者への支援策広報や相談などの支援を行う。

    目標2  
    両立支援の環境整備に取り組む。
    対策   
         
    妊娠中や出産後(休職後)の女性社員の健康を確保するため、情報提供および相談体制の整備に取り組む。

    目標3  
    父親の育児休業取得者を計画期間中に1人以上とする。
    対策   
         
    父親が育児休業を取得しやすい環境作りならびに制度整備を行う。
  3. 以上

働きやすい職場環境の実現に向けた各種制度・取り組み

ゼオンは、時間外労働の削減や、柔軟な働き方のための諸制度の整備、出産・育児・介護支援制度の整備を通じて、“働きやすい職場環境づくり”に継続的に取り組んでいます。

柔軟な働き方 フレックスタイム制、専門・企画業務型裁量労働制、特別休暇取得奨励日、半日休暇、定時退社日、啓蒙・情宣活動、管理監督者教育、実態把握アンケート、時間外勤務指示書、労使委員会、労使パトロール
仕事と育児の支援 産前産後出産休暇、育児・介護休業制度、出生休暇(男性社員向け)、子の看護休暇、半日休暇制度(育児・介護にも適用)、短時間勤務制度、時間外勤務の制限、深夜勤務の免除、保育時間、育児・介護休業支援金制度、出産祝い金
福利厚生 財産形成 財形貯蓄(財形年金奨励金)、従業員持株会(奨励金あり)、確定拠出年金(DC)
住宅の支援 住宅支援制度(寮・住宅、家賃補助金、持ち家取得手当、転勤者自宅借上げ)、住宅融資制度
結婚 結婚祝い金、結婚休暇、配偶者加算給
出産 出産祝い金、出生休暇、家族給・奨学手当
休暇・休業 保存休暇制度、マイライフ休暇(満50歳到達時)、リフレッシュ休暇(マスター社員)、公務休暇(裁判員制度)
保養所・研修所 箱根強羅荘、伊豆一碧荘
貸付金・自助 弔事見舞金、弔事休暇、育英資金融資、災害見舞金、団体医療保険、休業補償(日本ゼオン健康保険組合・共済金)、希望グループ保険、団体生命保険等

ホーム> 採用情報> 多様な働き方を支える取り組み
Page top